スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喪主が主導権を握るには

喪主が主導権を握り続けるにはどうすればいいのでしょうか。
それはひるがえって、喪主がストレスから解放される方法でもあります。

喪主の心がゆらいでしまう理由ってたくさんありますよね、ざっと挙げてみると
・大切な人を亡くしたショック
・初体験で葬儀の流れがわからない
・地域のしきたりがわからない
・多くの親戚や知人に対する緊張や心労
・兄弟たちが相続でいろいろと言ってくる
・失敗する不安
・周りの人たちがいろいろと聞いてくる
・周りの人間がアドバイスと称してアレやコレや言ってくる
なんてところでしょうか。
私なんて赤面症の気がありますから、父の葬儀の時には強烈なストレスを
感じながら喪主をしておりましたねぇ。
でもね、今回は気づいたんです。葬儀の主役は喪主じゃないんですね。
葬儀の主役は故人なんです。喪主は故人の代行にすぎません。
だって生前葬なら本人が主役でやるじゃないですか。
たまたま生前葬をやる前に死んでしまったから代わりの者が代行しているだけですよ。

そう考えると一気に気が楽になりました。
誰かの代行、誰かのためにしてあげるって、ちょっと使命感のようなものが出てきますし
責任もなんとなく軽くなるような気がしません?
私は誰かの代行って大好きです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アイパソ713

Author:アイパソ713
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。