スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凍結した銀行口座

人が亡くなると銀行の口座が凍結してしまいます。
3年前、亡くなった親父の凍結した口座を解除するのに、群馬銀行で9時から15時の丸一日、
郵貯銀行に至っては5日間(毎回1時間くらい)かかりましたので、今回も準備と覚悟をして行きました。
銀行が口座を凍結してしまう理由は相続がかかわってくるからです。
欲に目がくらんだ故人の身内が勝手にお金をおろしてしまわないようにとの配慮ですね。
ですから遺産の分割の内訳がはっきりと決まれば口座の凍結を解除してくれます。
私は一人っ子で法定相続人は私しかいませんから遺産分割協議書なんて不要。
母親の出生から亡くなるまでの戸籍謄本を取って、隠し子などがいないことが証明出来れば
すんなり凍結解除になる・・・わけなんですが・・・。

母親は昭和8年に栃木県茂木町で生まれ、昭和33年に父と結婚しました。
結婚後の戸籍は伊勢崎で取れますから、それ以前のものは茂木町まで取りに行きました。
二度も三度も役所に行きたくないので、取れるものはすべて取ってから
一昨日群馬銀行伊勢崎西支店に出向きました。
「ご本人様の印鑑証明はございますか?」
(くっそ~!印鑑証明忘れたぜ!)
担当の女性行員は持ってきたすべての戸籍書類のコピーをとってから
「ではこの書類にご自宅でご記入いただき、ご本人様の印鑑証明といっしょにお持ちください」

今日、印鑑証明をとって行ってみると
「本部から連絡がありまして、昭和33年6月から36年2月までの戸籍がないとのことなんです」
私:「全部持ってきたハズなんですけど~」
「申し訳ございませんがもう一度市役所でとって来ていただけますか?」

ったく・・・しょうがない・・・行きましたよ!
私:「かくかくしかじか・・・なんですが」
市役所窓口:「そうですかぁ~」
(持参したすべての戸籍をしばらく見比べてから)
窓口:「でも書類上はちゃんと続いてますよ。これ以外の書類はありませんし・・・」
私:「ですよねぇ~!」

銀行にとんぼ返りした私は
「やっぱり戸籍はこれですべてだそうです」
すると女性行員さんは奥で上司と話をし始めました。しばらくすると上司はしばらく電話をし、
終わると私のところへやってきました。
上司:「今、市役所の市民課へ電話をして聞いてみたんですが、市役所の方も
『そういうことでしたら、あるのでしょうねぇ』と言っていましたので
もう一度お願いできますでしょうか?」
(おいおい、また行くのかよ~、でも待てよぉ・・・)
ふに落ちない点が2つあるんですよ。
まずひとつ目、3年前の親父の口座解除の時にはそんなことでモメなかったってこと。
ふたつ目は、たった2年8ヶ月だけの別の戸籍書類なんて役所が作るのかってこと。
これを聞いてからでなきゃ、ハイそうですかと素直に行けませんよ。

上司:「本部の専門家が見ていますから確かだと思います。
また、役所は2年8ヶ月という短期の書類も作ることがあります。」
(おお~言い切ったねぇ!そこまで言うなら行きましょう!)
私:「もし市役所でまた同じ事を言われたら直接群馬銀行さんに電話してもらいますね」

市役所で群馬銀行さんと電話していた女性を指名し、持参した戸籍書類をすべて見せ
直接群馬銀行さんへ電話をしてもらいました。
10分くらい待ったでしょうか・・・
女性:「群馬銀行さん、2枚つづりの書類の2枚目をコピーし忘れていたようですよ」

私:ハイ?????

上司:「たいへん申し訳ございませんでした!」



というわけで、今回も振り回されてしまいました・・・

チャンチャン。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アイパソ713

Author:アイパソ713
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。